2014年12月27日土曜日

悟った人のあり方

私にはこれまで、たくさんのスピリチュアル・アイドルがいました。私が師と仰ぐカーリーはじめ、U.G.クリシュナムルティ、バイロン・ケイティ、アディヤシャンティ、トニー・パーソンズ、デービッド・ホーキンズ、等々。

大抵のパターンは、
誰かにその人はすごい、目覚めている、というようなことを聞く→試しに本を読んだりビデオを見たりする(=飛びつく)→すごい!と納得→その人がどうやって目覚めたか、ということに関する話しを微に入り細に入り尋ねたり、調べたりする→その人のすごさについて証拠集めをし、納得し続ける→自分をその人と比較し、近づけようとする。
といったような感じでした。

私の周囲にも、同じ穴のむじながたくさんいました(笑)。

振り返って面白いと思うのは、私の中には”悟った人とはこういうもの”という尺があり、それに基づいて本物と偽物を”確実に”見分けられると思っていた点です。目覚めていない私が、目覚めている人はこういう風に見え、話し、行動するべき、と確信を抱いていたのですから、そのへんてこりん振りといったらないのですが、それをおかしいと思うことはまったくありませんでした。

私の周囲の人たちも同様に、自分の”本物を見分ける眼力”に非常な自信を持っていて、グル批評を声高に語っていました。

『誰それはこんな発言をしたから、本物じゃない。』
『こんな行動を取るなんて、昔は本物だったけど、今は”堕ちた”わね。』
等々。やれやれやれやれ・・・・。

私の尺の一つは、”特別な空気”でした。悟った人たちは周囲に特別な空気(オーラ?)を放つように感じて(信じて)いたのです。

なのでバーナデット・ロバーツに会った時は、心底困惑させられました。

特別なオーラはまったくない。無条件の愛どころか、攻撃的とも取れる発言をバシバシする。すべてを明け渡すどころか、強固な意志の人、という感じのエネルギーが全身にみなぎっているようにすら感じられる・・・・。その言葉は真実に満ちている一方で、彼女を偶像化するチャンス、隙など一切ない。ただのそこいらにいる、頑固なおばあちゃん、という感じ。

彼女の家族は、誰ひとりとして彼女を目覚めている―スピリチュアルであるとすら思っていないそうです。コースを教えに来る道すがら寄った娘さんの家で、「スピリチュアル・コースを教えに行くところだ。」と言ったら、鼻で笑われたそうです。「私の名前をグーグルしてみなさい。」と言ったら、娘さんはお母さんに関するwikiページがあったのに仰天して顎がはずれそうになっていたそうです。

彼女のコースでは、礼拝があったりします。トニー・パーソンズのリトリートで出会った人は、バーナデットに非常な興味を抱いていましたが、礼拝がある、と話したら心底引いていました。礼拝は非二次元に合わないわけです。

私たちの思い込みは不思議です。
私たちの全宇宙を形成しています。

もし、手に取って眺めてみる・・・立ち止まって再検証してみる、といったようなことをしなかったら、一生を、自分の中に形成された思い込みに捧げて終わってしまうのだな、と思います。私たちの自分の信念・思い込みに対する献身の深さと言ったら、他に例えようもありません。自分を見てみて、深く実感します。

間違った神様に一生を捧げて終わってしまう・・・
立ち止まるチャンスがあった幸運に、深い感謝を覚えます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  精神世界ランキング