2014年12月19日金曜日

不思議

ちょっと前に、最近あった経験について書きました。それはものすごい自己溶解の経験とか、大きなワンネス体験とかではまったくないのに、これまでで一番不思議な体験でした。その後の変化も非常に慣れないもので、不思議な感じがしています。

それまでの私にとっての大きな気づきの体験というのは、どこかにある種の高揚感とか恍惚感とかを伴う感じのものが多かったのですが、そういうものはほとんどなくて、どちらかと言うと、底が抜けたような感じがします。

一番の違いは、『お化け』がいなくなったこと。

先日のお絵描きとはまたちょっと違うんですけど、これまで常に”私の何かがおかしい”と思っていて、間違いをおかすことを恐れて生きていたのに、それが唐突に抜け落ちてしまった感じです。”私の何かがおかしい”と思っていると、あれをやっても、これをやっても、何か間違っているんじゃないか心配で、その陰に常に脅かされながら生きることになります。

間違いをおかさないように生きる、というのは、きっと多くの方が経験しておられると思いますが、とてもしんどいことです。常に頭の中のコンサルタントに価値のない相談をして、恐る恐る、地雷を踏まないようにつま先立って歩いている。やることなすこと、逐一確認して、やった後にもしつこく見返し検証する。そこいらじゅうに怖いものが溢れている・・・。

この”心配感”が、唐突に、一切、なくなってしまったと想像してみて下さい。

あるいは、身体機能的に、そういう心配が不可能になってしまった、神経回路が抜けてしまった、というのでもいいと思います。

自分の言ってることや、やっていることがスピリチュアルかどうかなんて、これ以上馬鹿げたことはなく、気にする事自体が不可能です。自分を脅かしていたお化けもいない、コンサルタント(マネージャーでもいいですが)もいないし必要ない。

最初はとても静かな安全感に包まれて、穏やかな経験をしていたのですが、当然、いつもの騒がしい発想も帰って来て、それをどうしようとも思わない、思えもしない自分に、かすかに”本当にこれでいいのかな?”という思考はわきました。”ここであぐらをかいて傲慢になってしまうんだろうか”・・・心配ではないけれど、思考はありました。それを気にする能力もないままに、また日が過ぎて・・・

思考がごった返しに湧いて、”心配”を取り戻そうとしている感じがすることが何度かありました。なんとか古い思考パターンに引きずり戻そうとしている感じとでもいいましょうか。ただ、それが起きるたびに、遅かれ早かれ興味が、”おおっ、これは一体何が起きているのだろう?”というところへいってしまいます。思考の中身より、起きていること全体に興味がいきます。

そしてその感覚は、これまでの”ああ、こんなに思考が湧いてしまって!早く切り替えなくては”みたいなもの、これはよくないから自分を変えようとか、スピリチュアルな後退だわっ!―みたいな発想とは全く違います。

正直言って、死ぬほど楽です。嫌な思いをするのも楽です。
何かが間違ってるから、それを直さないと、と思って生きることが正しいと、何十年も信じてきたのに、なんとも不慣れで、不思議な感じです。


祝!ヒロさんの新刊


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  精神世界ランキング