2018年11月20日火曜日

目覚めの報酬はない

目覚めることには実際のところ、ご褒美はありません。

確かに、かつて”私”中心で生きていた(エゴ主体で生きてきた)時に比べると、
人生は自然に流れ、格段に楽だと言えます。

ただしそれは、辛い思いをしないのではなく、
不快なことが起きないのでもなく、
むしろただ、不快なままでいられる、というに過ぎません。

私、私の感じること、私の満足感、といったものの重要性が
限りなくゼロに近くなっていくことで、
自分の体験の質やら、感覚やらが大事じゃない、
よくても悪くても大事なことと思えなくなる、というだけです。

風が吹いた時に、雨が降った時に、嵐がきたときに、文句を垂れるもの、
晴れだったらどんなにいいかと言い続けるものががなくなる、
というだけです。
あるいはそんな声がタラタラ頭を流れても、本気にすることができない、
同化することができない、というだけです。

雨って大事なんだよね!
と、”晴れて欲しい教”から”雨は大事教”に、
信仰が変わったのではありません。

エゴが薄れても、人生が自然に流れるようになっても、
そこで満足せずにさらにたった一つしかない存在の真実とは何か、
見つめ続けていくなら、
”私”にまつわるすべてを放棄することになるので、
私に還ってくる物などなくなるばかりです。

素晴らしいひらめきも、
新しい気づきも、
理解の深まりや、学びの深まりも、
意識の拡大に伴う高揚があっても、

それを大事に楽しむ限り、”私”は存続しますから、
全部放棄することになります。

大いなるものへの畏怖の念だとか、
献身の思いとか、
生きとし生けるものへの深い愛だとか、
すべてとの一体感だとか、

そういうものすら、温めることなく全放棄することになります。

放棄することへの献身も、情熱も、真面目さも、
むろん全放棄です。


”悟りを取るか、1億円を取るかと聞かれたら、迷わず1億円を選べ。”
といったのはラメシュ・バルセカーでしたか。

悟りをとったら楽しむ”私”がいなくなっちゃうけど、
1億円をとれば、ちゃんと自分が残るから、
(なくなっていく不安感もおそらく込みで・笑)1億を持った楽しみを
味わうことができるから、と。

本当に夢から醒めたいと思うか、
要注意。

2018年11月18日日曜日

夢を見ている主はいるのか


もし私たちが正直に、じっくりと、ありのままを観察するなら、

私たちは刻々と変化するものの複合体・集合体であり、
身体も、感覚も、思考も、環境も、
私たちにまつわるものはすべて、常に変化していることに気づきます。

刻々と変化するものは現象であり、実体がある、とは言えません。

かろうじて言えるのは、”今起きている”、ということだけ。
私たちが私、と呼ぶものは、
それが身体でも、感覚でも、思考でも、感情でも、
今起きている状況について、かろうじて、

”こういう感じがしてる”

と言えるだけ。

しかもそれは、捉えた時にはすでに過ぎ去っており、
ましてや口に出す時にはとっくの昔に終わっています。

だから実際には、その曖昧さといったら例えようもないもので、
”今こう思った(・・・と、思う)”
”今こう考えた(・・・と、思う)”
”今こう感じた(・・・と思う /思ったんだけどね・・・)”

ぐらいの頼りなさです。
もし、自分をしっかりと、はっきりと観察するなら。

意識、気づきですら、現象であることに気づきます。

ある瞬間は思考に気づいており、
次の瞬間には思考の中に巻き込まれており、
さらに次の瞬間には、通りかかった人に注意が向かっている。

しかもその動きのどこにも、
いついかなる瞬間に無意識から意識に返ってくるかも、
一切コントロール下にありません。

そんな有様を、本当にしっかりと認識できた時、
それにしっかりと直面で来た時、

果たして、本当に存在していると言えるものはあるのか、
実在していると、絶対的な確信を持って言えるものはあるのか、
という本当の問いが湧きます。

状況に関係なく、いついかなる時も、誰にとっても、何にとっても、
変わりなく、絶対的に存在している、と言えるものはあるのか。

誰かに聞いたから、有名なみんなが言ってるから、本に書いてあるから、
ではなく。


揺れ続ける現象は、すべて”対象物”であることに気づくとき、
ではその対象物を知覚している主観は、”主”はあるのか、
を問うことになります。

なんども、なんども。

限りなく冷静な、平坦なマインドで。
どこにも力の入っていない、感情の力を無用とする情熱を持って。

万華鏡のような、この鮮やかな夢を、
夢見ている主はいるのか。